二通りの決済方法


決済方法① PayPal(ペイパル)とは 

簡単にオンライン決済やユーザー間の送金・受け取りができるサービスです。1998年にアメリカで設立され、世界中で3億人以上が利用しています。SoCの外国人スタッフへの支払いもPayPalで行っています。

 

最大の特徴は、事前にPayPalに銀行口座やクレジットカードの情報を登録しておくことで、実際の送金相手に口座等の個人情報を伝えなくても良いこと。日本国内口座間のやりとりなら、利用手数料は一切不要です。

 

PayPalの安全性について

 

 

 決済方法② Stripe(ストライプ)とは

 

非常に簡単で便利なクレジットカード決済システムのことです。

Paypalのように新規事前登録などは必要なく、クレカ情報のみ入力するだけで簡単に決済出来ます。利用手数料は一切不要です。

 

入力されたお支払い情報は、受託会社であるStripeが保護します。支払い時にもカード情報はやりとりする当事者同士では伝わりません。決済業界において最も厳しい認証レベルを保持しているため、今回導入しました。

 

Stripeの安全性について

 

利用可能クレジットカード: VISA / Master/ JCB / AMEX / Diners